SNS相談窓口WGが最終報告案を調整 SNS以外も対象に

いじめ防止対策協議会の「SNSを活用したいじめ等に関する相談体制の構築に係るワーキンググループ(WG)」は2月28日、第5回会合を開き、最終報告案「SNS等を活用した相談体制の構築に関する当面の考え方」の調整を行った。最終報告案では、SNS以外の一部のサービスも対象に含まれた。また、SNSの相談窓口を開設している大分県と、一部の県立高校などに「通報アプリ」を試験導入した熊本県の事例報告が行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。