ワークルール教育推進法の制定求め集会 今国会に提出へ

労働基準法をはじめとする、働く上で知っておくべき法律や制度を学ぶ機会を確保するための「ワークルール教育推進法」の制定を求める市民集会が2月27日、東京都千代田区の参議院議員会館で開かれた。ブラックバイトや働き方改革など、労働問題が注目を集める中、学校や社会でワークルールについて学ぶための環境整備を図る。現在、超党派の国会議員による非正規雇用対策議員連盟(尾辻秀久自民党参議院議員会長)が、今国会での法案提出を目指している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。