教職員団体の加入率は42年連続で低下 新採用では微増

文科省は3月2日、公立学校教職員の教職員団体加入状況を調査した結果を公表した。2017年10月1日時点での教職員団体全体の加入率は、1976年以来42年連続で低下。しかし新採用教職員の加入率は、昨年度に比べ微増した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。