ICTで小規模校が遠隔合同授業 文科省が実証事業報告会

文科省は3月5日、「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」の成果報告会を、同省内で開催した。テレビ会議システムなどを活用した遠隔合同授業の実施によって、小規模校が抱える人間関係の固定化や協働学習の実現の難しさなどの課題を改善した、実証地域の取り組みが報告された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。