中高生が主役の科学研究所を常時開設 日本初の試み

(一社)日本薬理評価機構(PEIJ)は3月4日、中高生が実際に研究・論文作成や対外発表などに挑戦し、最先端の科学を肌で感じる日本初の試み「PEIJジュニアリサーチャー」育成プログラムを実施すると発表した。川崎市の集積施設「ライフイノベーションセンター」内の同機構研究室に「中高生が主役の科学研究所(Youth Science Lab)」を新規開設し、中高生の「PEIJジュニアリサーチャー」に常時開放する。同時に、このプログラムへの支援を呼び掛けるクラウドファンディングも開始した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。