「武田信玄を教科書に残して」 山梨県知事が要請書

後藤斎山梨県知事は3月7日、文科省で宮川典子文科大臣政務官と面会し、高校の新学習指導要領の「地理歴史」で、武田信玄などの重要人物の用語を削減しないよう求める要請書を提出した。同知事は「地域について中学・高校の歴史で学ぶことで、地域への愛着が生まれる。その象徴が、山梨では武田信玄だ」と強調した。同政務官は「(歴史用語の削減は)有志の団体が出したものという受け止めで、削減は考えていない」と答えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。