学校教育のICT化推進法案 3月中の国会提出目指す

超党派による「教育における情報通信(ICT)の利活用促進をめざす議員連盟」(会長・遠藤利明自民党衆議院議員)は3月7日、2018年度第1回総会を東京都千代田区の衆議院第二議員会館で開き、「学校教育の情報化の推進に関する法律案(骨子素案)」について検討を行った。同法案は各党内で協議の上、3月中をめどに、議員立法による国会提出を目指す。遠藤会長は「情報化によって、教職員が子供たちと向き合う時間を確保できるようになる」と話し、同法の成立に意欲を示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。