部活動と地域スポーツの一体化を 自民の調査会が提言書

自民党スポーツ立国調査会会長で、元文科大臣の馳浩衆議院議員らは3月8日、鈴木大地スポーツ庁長官と林芳正文科大臣に相次いで面会し、中学校の運動部活動の抜本的な改革案を盛り込んだ提言書(本紙電子版2月22日付既報)を手渡した。提言書では、中学校の運動部活動の地域スポーツクラブなどへの移行や、「保健体育」授業の充実を掲げ、東京オリンピック・パラリンピック以降のスポーツ政策の在り方として、部活動と地域スポーツの一体化を求めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。