東日本大震災から7年 被災地への教育支援を継続

林芳正文科大臣は3月9日、閣議後の記者会見で、東日本大震災から7年を迎えるにあたり、被災地における教育支援に引き続き取り組んでいく方針を示した。林大臣は「被災地の復興・創生を実感でき、子供たちが笑顔で過ごせるように」とコメントし、復興に向けた思いを語った。また、来年度から再開する学校の特色化・魅力化を支援すると表明した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。