いじめ自殺した被害者遺族 法改正求め文科省に要望書

いじめ問題の解決に取り組むNPO法人ジェントルハートプロジェクトは3月15日、文科省初中局児童生徒課を訪れ、いじめ防止対策推進法の改正を求める要望書を手渡した。同日に東京都千代田区の参議院議員会館で行われた同プロジェクト主催の勉強会では、いじめが原因で自殺した子供の遺族らが登壇。いじめの早期の実態把握や、調査委員会の在り方の見直しなどを求めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。