公立高校での通級指導制度化で教員加配 来年度から

政府は3月23日、「公立高等学校の適正配置及び教職員定数の標準等に関する法律施行令」と「公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律施行令等」の、一部改正案を閣議決定した。来年度から公立高校で障害に応じた通級指導が制度化されるのに伴い、教職員定数の加配を認めるほか、公立義務教育諸学校でも、特別な指導が必要な児童生徒に応じた教員の基礎定数が改善される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。