中学校道徳の教科書検定 申請した8点全てが合格

文科省は3月27日、教科用図書検定調査審議会総会を開き、中学校の「特別の教科 道徳」と、高校の主として高学年用の教科書の検定結果を公表した。中学校道徳の教科書は、検定申請をした8点全てが合格した。高校でも、共通教科、専門教科で検定申請をした60点全てが合格となった。合格した教科書は来年度に採択が行われ、2019年度から使用が開始される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。