公立小・中での通級指導10万人超 医療的ケアも増加

文科省が3月29日に公表した特別支援教育に関する調査では、通級による指導(通級指導)や医療的ケアの実施状況の結果も公表された。2017年度、通級指導を受けている児童生徒は、公立小・中学校で10万8946人、医療的ケアが必要な児童生徒数は、特別支援学校で8218人、小・中学校で858人に上り、いずれも増加した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。