次期高校学習指導要領を公示 「探究」重視の科目構成

文科省は3月30日、次期高校学習指導要領を公示した。小・中の次期指導要領を踏襲し、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を求めるとともに、高大接続改革の動きも見据えた内容となった。教科として理数が新設され、公民の「公共」や数学の「数学C」など、複数の教科で科目の改編や新設がある。「総合的な学習の時間」が「総合的な探究の時間」となるのをはじめ、全体にわたってそれぞれの教科の学びを深める「探究」を重視した構成となっている。

各学科に共通する各教科(共通教科)の科目構成と標準単位数は次の通り。

国語は▽現代の国語 2▽言語文化 2▽論理国語 4▽文学国語 4▽国語表現 4▽古典探究 4――で、「現代の国語」と「言語文化」が必履修となる。

地理歴史は▽地理総合 2▽地理探究 3▽歴史総合 2▽日本史探究 3▽世界史探究 3――で、「地理総合」と「歴史総合」が必履修となる。

公民は▽公共 2▽倫理 2▽政治・経済 2――で、「公共」が必履修となる。

数学は▽数学Ⅰ 3▽数学Ⅱ 4▽数学Ⅲ 3▽数学A 2▽数学B 2▽数学C 2――で、「数学Ⅰ」が必履修となる。

理科は▽科学と人間生活 2▽物理基礎 2▽物理 4▽化学基礎 2▽化学 4▽生物基礎 2▽生物 4▽地学基礎 2▽地学 4――で、必履修には2つのパターンがある。1つは「科学と人間生活」に加え、「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」から1科目を選択。

もう1つは「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」から3科目を選択する。

保健体育は▽体育 7~8▽保健 2――で、いずれも必履修。

芸術は▽音楽Ⅰ 2▽音楽Ⅱ 2▽音楽Ⅲ 2▽美術Ⅰ 2▽美術Ⅱ 2▽美術Ⅲ 2▽工芸Ⅰ 2▽工芸Ⅱ 2▽工芸Ⅲ 2▽書道Ⅰ 2▽書道Ⅱ 2▽書道Ⅲ 2――で、「音楽Ⅰ」「美術Ⅰ」「工芸Ⅰ」「書道Ⅰ」から1科目を選択して履修する。

外国語は▽英語コミュニケーションⅠ 3▽英語コミュニケーションⅡ 4▽英語コミュニケーションⅢ 4▽論理・表現Ⅰ 2▽論理・表現Ⅱ 2▽論理・表現Ⅲ 2――で、「英語コミュニケーションⅠ」が必履修となる。

家庭は▽家庭基礎 2▽家庭総合 4――から、1科目を選択して履修する。

情報は▽情報Ⅰ 2▽情報Ⅱ 2――で、「情報Ⅰ」が必履修となる。

教科が新設される理数は▽理数探究基礎 1▽理数探究 2~5――が設置される。

また、「総合的な探究の時間」は全ての生徒に履修させるものとし、3~6単位が設定される。

次期学習指導要領は、18年度を周知・徹底、19~21年度を移行措置期間とし、22年度から年次進行で実施される。

各教科ごとの解説は今年夏ごろの発行を予定している。

関連記事