「全教育関係者が障害への理解を」 世界自閉症啓発デー

国連が定めた4月2日の「世界自閉症啓発デー」に当たり、林芳正文科相、加藤勝信厚労相、国連のアントニオ・グテーレス事務総長が同日、障害への理解を深めるよう求めるメッセージなどを発表した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。