幼小接続踏まえ改善 幼児指導要録の新様式を通達

文科省は4月2日、都道府県の教育長や全国の首長らに向け、幼児の指導要録改善に関する通知を出した。幼稚園、特別支援学校幼稚部共に、最終学年の「指導上参考となる事項」には、指導の過程と育ちつつある姿を分かりやすく記入するよう促しており、各幼稚園などに幼小接続を意識した指導要録作成を周知させる狙い。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。