部活指導の民間委託 都立高でモデル事業を開始

都立杉並高校(金澤利明校長、生徒940人)は、教員の負担軽減と、部活指導の充実を図る目的で、「部活動の民間委託モデル事業」を開始した。東京都教育庁に委託された㈱サクシードは4月4日、同事業について発表した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。