前橋市教委で不正アクセス 2万6千件の個人情報流出

群馬県前橋市教委は4月4日、同市の教育情報ネットワークに不正アクセスがあり、少なくとも約2万6千件の児童生徒の個人情報と、給食費などの徴収を行っていた銀行口座情報約2万件が流出した可能性が高いと発表し、保護者らに謝罪した。

流出した可能性がある情報は、2017年11月時点で同市立小・中・特別支援学校に在籍していた全児童生徒の2万5725件で、▽学年・組・出席番号▽氏名▽性別▽生年月日▽住所▽電話番号▽保護者氏名▽アレルギーや既往症など――の情報と、同年2~7月の間、幼稚園などを含む同市立学校での給食費徴収のための銀行口座(銀行名、支店名、口座番号、名義人氏名など)、最大1万9932件。

同教委では現在、インターネットへの接続を完全に遮断し、さらなる個人情報の流出がないか、調査を進めている。不正に入手されたファイルがインターネット上に公開されていないか監視も行っており、同日12時時点で、ファイルの公開は確認されていないとしている。