主幹の活用で学校組織を改善 働き方改革部会で議論

中教審初等中等教育分科会の「学校における働き方改革特別部会」は4月5日、第11回会合を東京都千代田区の東海大学校友会館で開いた。主幹教諭の配置による組織改善や、神奈川県教委の「総括教諭」の事例について発表があり、教頭などを補佐する役割としての主幹教諭の効果的な活用が議論された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。