選手と走り計算学ぶ 『東京2020算数ドリル』で合科授業

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が作成した『東京2020算数ドリル』を使った、算数と体育の合科授業が4月12日、東京都渋谷区立山谷小学校(盛永裕一校長、児童365人)で行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。