英語「話すこと」評価に関する検討委 東京都が設置

東京都は4月12日、都教育委員会第7回定例会で、英語「話すこと」評価に関する検討委員会を設置すると報告した。大学入試改革などで英語の4技能が測られるのを見据え、現状では高校入試で評価されない「話すこと」(スピーキング)の検査を、2019年度以降に都立高校入試の英語で実施するため、具体的内容について検討する。委員は都と区市の教育委員会、中学・高校の校長、東京外国語大や上智大の教授、大学入試センターの統括官ら外部有識者の計13人。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。