日本の人口比 少子高齢化進む、4人に1人が平成に

総務省は4月13日、2017年10月時点での人口推計を公表した。日本の総人口は1億2670万6千人で、前年に比べ22万7千人(0.18%)減少した。人口減少は7年連続となった。65歳以上人口の総人口に占める割合は過去最高となる一方、15歳未満人口は過去最低となるなど、少子高齢化がより一層進んだ。元号別にみると、平成生まれは3244万7千人となり、4人に1人が平成生まれとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。