全国学力調査を実施 結果公表は7月下旬に前倒し

2018年度全国学力・学習状況調査が4月17日に行われ、国立・私立を含む小学6年生と中学3年生約213万人が参加した。今年度調査では、国語、算数・数学のほか、15年度以来3年ぶりとなる理科も実施された。各学校で2学期からの指導改善につなげるため、結果公表は例年より1カ月前倒しされ、7月下旬が予定されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。