地域資源を子供に伝える絵本 千葉市教委が監修

「ぼくのわたしの ちばしじまん 4つのたからもの」から
「ぼくのわたしの ちばしじまん 4つのたからもの」から

千葉市はこのほど、子供たちやその保護者に地域の魅力を伝えるため、絵本「ぼくのわたしの ちばしじまん 4つのたからもの」を作成した。同市教委が監修し、市の歴史や施設、自然などの地域資源を、小学校低学年の児童を想定した親しみやすい絵と文章で紹介。年表や地図などの解説資料も掲載している。

標題の「4つのたからもの」とは、「加曽利貝塚」「オオガハス」「千葉氏(千葉市の礎を築いたとされる一族)」「海辺」のこと。同市は2016年にこの四つを「千葉市の地域資源」として認定。その魅力を前面に押し出しながら、市民の誇りを高め、市外からの来訪・居住を増やそうとする「都市アイデンティティ戦略プラン(目標年次2026年)」に取り組んでいる。

同市の担当者は「この絵本で、子供たちの郷土に対する愛着を醸成しながら、千葉市らしさを確立していきたい」と話す。

現在、図書館や公民館に配架しているほか、中央図書館には40冊を置き、学級貸し出しできるようにしている。今後は、学級文庫として利用できるよう、市内の小学校に1学年の学級数分を配布するという。