林大臣と経団連が意見交換 大学改革で共通認識示す

林芳正文科大臣は4月19日、都内で開かれた日本経済団体連合会(経団連)の懇談会に出席し、榊原定征同会会長らと、Society5.0を見据えた科学技術イノベーションと、大学などの高等教育改革について意見交換した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。