学生に求める資質 「主体性と実行力」が上位に

日本経済団体連合会(経団連)はこのほど、産業界を対象に実施した「高等教育に関するアンケート」結果を公表した。学生に期待する資質には、文系、理系共に「主体性」「実行力」が上位に挙がった。また、学生の海外留学を奨励する意見も多くみられ、グローバル人材育成ニーズの高さが表れた結果となった。

同調査は2017年12月から18年2月にかけて実施。経団連会員企業258社、非会員企業185社の計443社から回答を得た。

学生に期待する資質・能力・知識は文科系・理数系の別に尋ねたが、両者に大きな差はみられなかった。主体性、実行力の次に多かったのは双方とも「課題設定・解決能力」。「チームワーク・協調性」も上位(文系4位、理系5位)に挙がった。新学習指導要領で目指す「思考力・判断力・表現力」や「学びに向かう力、人間性」の養成を、産業界も強く求めていることがうかがえる。

優先的に推進すべき大学の教育改革には、IoTやビッグデータ、人工知能など、技術革新の進展を背景に「イノベーションを起こすことができるリーダー人材育成への取り組み」が最も多く挙がった。

経団連会員企業からは「日本人学生の海外留学を奨励する」意見が多く、官民協働の留学促進キャンペーン「トビタテ! 留学JAPAN」を認知している企業の8割が同キャンペーンを「評価する」と回答するなど、グローバル人材育成のニーズが高い。一方で、地方別経済団体に加盟する企業からは「地域活性化を担う中核的人材を育成するための、地域の大学等と地域企業との連携強化」を推す声が多かった。