プログラミング教育の市場規模 5年で34倍に急成長

プログラミング教室の数も拡大した
プログラミング教室の数も拡大した

プログラミング教育メディアの「コエテコ」は、船井総合研究所と共同で、子供向けにプログラミング教育を提供する民間教室などの市場規模を調査し、4月23日、結果を発表した。プログラミング教室の数は2013~18年の5年間で15倍に、プログラミング教育の市場規模は34倍に急成長しているとした。

民間が運営し、月謝制の継続受講型のものを対象に調査し、教室数と毎月の受講料から、市場規模予測を算出した。

子供向けプログラミング教室の数は、13年には750教室だったのが、18年には4457教室と、6倍に広まった。23年には、1万1127教室に達すると予測される。13年時点では、ロボット制作を通じてプログラミングを学ぶ「ロボット・プログラミング教室」が9割以上を占めていたが、18年にはプログラミングに特化した教室が2割以上にシェアを拡大。23年には4割に上ると予測している。

また、子供向けのプログラミング教育の市場規模は、13年に6億6200万円だったのが、18年には推計90億7100万円に拡大するとされ、さらに23年には226億4千万円にまで成長すると予測した。

調査を行った同社では、新学習指導要領で、小学校でプログラミング教育が必修化となったのを受け、フランチャイズや大手学習塾がプログラミング教育市場に参入し始めた結果、市場が急成長。今後、プログラミング教育は「子供の習い事」という認識で一般化していくと予想している。