昨年度の教員免許状の更新状況を調査 失効は201人

昨年度の教員免許状更新で失効者は201人――。文科省は4月27日、免許状更新講習の修了確認状況に関する調査結果を公表した。昨年度末までに修了確認期限を過ぎた現職教員(第7グループ)について、確認期限の延期や免除認定、免許状の失効状況などの都道府県教委の把握状況を調べた。対象の現職教員の約80%が修了確認、13.9%が受講免除、5.7%が修了確認期限の延期となった。修了確認がなされず、免許状を失効したのは、201人で全体の0.2%だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。