新潟県教委職員「過労死」 第三者調査委が一次報告

新潟県教委は4月24日、この1月に高校教育課勤務の女性職員(当時42歳)が職場で倒れ、3日後に死亡した案件で、勤務実態やその背景などを調査するため同教委が設置した弁護士らで組織する第三者調査委員会から第一次報告を受けた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。