県立高校10~13校減へ 2029年までに埼玉県教委

埼玉県教育委員会はこのほど、「魅力ある県立高校づくり実施方策策定に向けて(再編整備の進め方)」を発表し、2029年2月までに全日制の県立高校を10~13校程度減らす方針であることを明らかにした。再編整備が完全実施されれば、現在の134校から121~124校程度になる。少子高齢化の急速な進行が背景にある。教育新聞社のまとめによると、高校の再編をめぐり10校を超す削減は全国でも珍しい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。