英語で予備調査実施 来年度全国学力調査の課題を検証

文科省は5月1日、来年度の全国学力・学習状況調査で中学校3年生に、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を測る英語調査を実施するのに向け、課題の検証を目的とした「予備調査」を開始した。同省は全都道府県、政令指定都市から各2校(東京都のみ4校)、1学年300人以上などの大規模校や特別支援学校、離島の学校などを抽出し、5月31日までに136校、約2万人を対象に予備調査する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。