津波訴訟 石巻市長が最高裁への上告方針を表明

東日本大震災津波被害での宮城県石巻市立大川小学校をめぐる訴訟で、同市の亀山紘石巻市長は5月7日、仙台高裁が同市と県に約14億3600万円の賠償支払いを命じた二審判決を不服として、最高裁へ上告する方針を明かした。「津波襲来は予見できた」とした二審判決に対し、同市長は「科学的根拠を欠く。教職員に高度な防災の知識を求めるのは無理がある」と反論している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。