3~6歳児でスマホ利用が日常化 子供の利用調査で判明

保護者のスマートフォン・タブレット利用時間と子供の利用時間の関係(3~6歳児)
保護者のスマートフォン・タブレット利用時間と子供の利用時間の関係(3~6歳児)

NPO法人e-Lunch(イーランチ)と情報セキュリティソリューションを提供するカスペルスキ―は、0歳から6歳児の保護者を対象に実施した「2017年度子どものスマートフォン・タブレット利用調査」の結果を公表した。それによると、3~6歳児の半数以上でスマートフォンやタブレットの利用が日常化し、保護者の利用時間が子供に影響していることが明らかになった。

調査は17年1月18日から同年12月7日までの間に実施され、1406件の有効回答を得た。調査は14年から続く。

3~6歳児のスマホ・タブレットの利用については「ほぼ毎日」と「週に2~4日程度」を合わせると半数に達していた。就学前の6歳児は「ほとんど使わない」が27.9%。14年の44.1%から減少しており、スマホ・タブレットを利用する機会が増えている。

保護者自身のデバイスにセキュリティ対策をしているか尋ねたところ、ウィルス対策をしている保護者は37.7%。フィルタリング設定をしているのはわずか9.9%だった。セキュリティ対策を何もしていないのは46.7%に上り、多くの保護者が子供が利用する機会のある自分のデバイスにセキュリティ対策を施していないことが分かった。

保護者の利用時間が長くなるにつれて、子供の利用時間も増加する傾向も明らかになった。保護者が1時間利用している場合、子供が1時間以上利用する割合は20.8%だった。一方、保護者が2時間以上使用している場合、1時間以上利用する子供は10ポイント増の32.6%だった。

保護者の利用時間も増加傾向にあり、1時間以上の利用は14年は57.1%だったが、17年は77.7%に増加した。

調査に当たった担当者は、子供がスマホ・タブレットを使い始める時期からスマホ利用のためのルールを決め、適正な使い方を習慣化する意識が必要だと助言する。さらに子供が触れる機会の多い保護者のスマホ・タブレットのセキュリティ対策を取ることを薦めている。