児童から聞き取る「司法面接」の手法 いじめ調査に応用

仲真紀子立命館大学教授は5月10日、東京都千代田区の同学東京キャンパスで、子供の司法面接手法の開発に関する研究成果を報告した。司法面接の場で、被害児童が自分の言葉で語り、正確な情報を引き出すための知見は、いじめの実態調査や、学校の授業でのコミュニケーションにも応用できるという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。