成功より、熟考した失敗の方が学習を促進 検証結果出る

壁には2つの穴が備えられ、テスト時は正解すれば報酬がもらえる
壁には2つの穴が備えられ、テスト時は正解すれば報酬がもらえる
成功体験よりも、じっくりと考えた上で失敗する方が、学習を促進する検証結果を得たと、東京大学大学院薬学研究科の池谷裕二教授らの研究グループがこのほど発表した。学習の成立過程を知る手掛かりとなることが期待される。 実社会では迅速な判断を求められる場面が多いが、素早く下した判断が必ずしも正しいとは限らない。そこで同研究グループは、意志決定の「適切さ」と「迅速さ」のどちらが学習の成立により重要であるか、ネズミを使って実験を行った。 まずネズミに、壁に空いた二つの穴に鼻先を入れればエサがもらえることをトレーニング学習させた後、エサがもらえる穴(正解)を一方のみにし、エサがもらえない方の穴を緑色に点灯させた。この手掛かり刺激を活用して、二つの選択肢から正解を選択させる課題を与え学習させた。それぞれのネズミが選択するまでの時間と学習成績との関係を解析した結果、誤選択までの時間が長い(熟慮後の失敗が多い)ネズミは好成績を残した。 また、選択までの時間が短く、すぐに結論に飛びつこうとするネズミほど「早とちり」する傾向にあり、課題の学習成立が遅くなることを見いだした。学習課程における正解(偶然の成功)の回数と学習速度の間には、有意な関係は認められなかった。