成功より、熟考した失敗の方が学習を促進 検証結果出る

成功体験よりも、じっくりと考えた上で失敗する方が、学習を促進する検証結果を得たと、東京大学大学院薬学研究科の池谷裕二教授らの研究グループがこのほど発表した。学習の成立過程を知る手掛かりとなることが期待される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。