SNSのいじめを認定 埼玉高2自殺の第三者報告

埼玉県立高校2年の女子生徒(当時16)が2017年4月に自殺しているのが見つかった問題で、第三者調査審議会(会長・佐世芳弁護士)は5月14日、「SNS上でいじめがあった」とする報告書を県に提出した。報告書は高校側が「組織として十分留意した対応をした様子は見られない」と断じ、佐世会長は「ささいなSNSの書き込みが誰かを自殺に追い込むことがある。そういう危険性を秘めた問題であることを認識し、対策を考えなければ、また悲劇は繰り返される」と問題提起した。審議会は17年4月に県教委によって設置され、女子生徒が死亡したいきさつや学校の対応について調査を続けていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。