教員の変形労働時間制導入を提言 自民の教育再生本部

自民党教育再生実行本部(本部長=馳浩元文科大臣)は5月15日、学校における働き方改革や高等教育の改革、無償化に関する合同部会を開催した。教員の長時間勤務の是正策として、年単位での変形労働時間制の導入検討や主幹教諭の全校配置を盛り込んだ。高等教育の無償化では学費を国が立て替え、卒業後に所得に応じて一定割合を納付させる「卒業後拠出金方式」を提案した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。