放課後児童クラブを各小学校区に 厚労省専門委

厚労省社会保障審議会児童部会の「放課後児童対策に関する専門委員会」は5月15日、第9回会合を都内で開き、中間まとめ(素案)を審議した。待機児童の解消に向けた受け皿整備を進めるため、放課後児童クラブの各小学校区への設置や、子供の多様な居場所づくりを目指す。安全面をはじめ、子供理解や運営体制面も充実させ、量の拡充と質の確保を両立させる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。