政府一体で子供を守る 新潟小2事件で関係閣僚会議

新潟市で小学2年生の女児が殺害・遺棄された事件を受け、政府は5月18日、登下校時の子供の安全確保に関する関係閣僚会議を開催した。再発防止に向けて子供の安全対策を強化するのが目的。

菅義偉官房長官は、被害実態の解明と関係省庁の情報共有を図り、▽通学路の安全点検の徹底▽不審者情報への迅速な対応▽子供に対する安全対策の強化――を関係閣僚に指示した。林芳正文科相は文科省における登下校時の児童生徒の安全確保に関する取り組みを報告した。

閣議後の定例記者会見で、菅長官は「このような事件が二度と発生しないよう、政府一体となって子供の安全を確保するための取り組みを強化する」と強調した。林芳正文科相は「引き続き、関係省庁と連携しながら、登下校時の児童生徒の安全を守るための防犯対策の推進に取り組んでいく」と話した。