残業削減に罪悪感 教員3人に1人

3人に1人の教員が時間外業務を減らしたいと思うものの、罪悪感やためらいを感じていた――。こんな調査結果が横浜市教委の共同研究で5月14日、明らかになった。市教委は結果を踏まえ、教員に働き方の課題を気付かせ改善を促す研修プログラムの開発に着手する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。