英語の予備調査問題を公表 コンピューターに音声入力

文科省は5月31日、来年度の全国学力・学習状況調査で新たに英語調査を実施するのに向け、一部の中学校で実施した予備調査の問題を公表した。英語4技能のうち、「聞くこと」「読むこと」「書くこと」を問う問題と、コンピューターに音声を入力する方式の「話すこと」を問う問題で構成。

英語で解答を音声入力したり、問題文を聞いて自分の考えを英文で記述したりなど、複数技能の活用を問うものもあり、バランスの取れた英語能力が求められた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。