いじめメモ隠蔽指示 中3女子自殺で神戸市教委が謝罪

神戸市教育委員会は6月3日、2016年の、市立中学3年の女子生徒(当時14)の自殺について、学校が友人に聞き取った内容のメモを残していたにも関わらず、市教委の指示でこれを隠蔽(いんぺい)していたと発表し、謝罪した。指示をした首席指導主事は隠蔽を認めているが、理由については「分からない」としているという。市教委は関係者の処分を検討している。

市教委によると、神戸市垂水区で起きた女子生徒の自殺について、自殺から5日後の16年10月11日、同校の教員が生徒6人から聞き取りを行い、亡くなった生徒へのいじめがあったとする内容や、いじめたとされる生徒の名前などについて手書きで記録し、学校で保管していた。

17年1月、遺族が情報開示請求を行ったが、対応した市教委の首席指導主事はメモを重要視していなかったと見られ、遺族に渡した資料には含んでいなかった。2月末、女子生徒の友人への聞き取りが行われていたことを知り、遺族が学校に情報提供を求めたが、首席指導主事は当時の校長に「いまさら出すことはできない」などとし、「メモは存在しない」と遺族に伝えるよう指示したという。市教委によれば、首席指導主事は「情報開示請求を受けると処理が煩雑になると懸念した」「第三者委員会の報告書完成が遅れることを恐れた」と見られており、遺族との関係悪化を心配した校長も同意したという。

3月、第三者委の報告をもとに神戸地裁が証拠保全を決定。提出しなくていいか尋ねた当時の校長に、首席指導主事は隠蔽を促したという。また、隠蔽について上司らへの相談や報告はしていなかった。

17年4月、当時の校長が退任して現校長が着任。8月に第三者委がまとめた報告書で「メモは破棄されていた」と記載されているのを見て、同月下旬、現校長は「メモは存在する」と市教委に報告したが、首席指導主事はこれを否定。現校長の報告を受けて上司は事態を把握したが、「内容は第三者委の報告書に反映している」と説明し、その後もメモの存在を明らかにはしなかった。

18年2月、第三者委が解散したが、遺族は第三者委による調査が不十分とする所見を市教委に提出。3月下旬には現校長が「メモは存在する」と市教委に再度報告し、4月12日にメモを市教委に提出した。同月22日、市教委はメモの発見を遺族に説明し、謝罪。4日後には久元喜造(きぞう)神戸市長が「これまでの対応が不適切だった」として遺族に謝罪、「新たに調査委を立ち上げ、自殺原因の再調査を行う方針」と表明した。

昨年8月に現在の校長がメモの存在を市教委に報告。今春に市教委が現物を確認したが、市教委は隠蔽の意図を否定していた。第三者委はいじめがあったことは認定したが、自殺原因は特定できないとする報告書をすでにまとめている。

長田淳教育長は6月3日の会見で「教育行政の信頼を失墜させ、心より深くおわびする」と謝罪した上で、市教委の対応について、「非常に不適切な取り扱い。コンプライアンス順守も含め、組織を変えていきたい」と述べた。