Society5.0に求められる学校とは 文科省が報告書

Society5.0に対応した教育政策の方向性を示す報告書「Society5.0に向けた人材育成~社会が変わる、学びが変わる~」が6月5日、文科省から公表された。昨年11月に立ち上げられた林芳正文科相の懇談会や省内タスクフォースでの議論を踏まえたもので、「スタディ・ログ」の蓄積・活用による個に応じた学習の提供や、異年齢・異学年集団による協働学習の実現、高校教育における文理分断からの脱却と、グローバル・イノベーティブ人材の育成を目的としたコンソーシアムの創設を掲げた。

報告書では、Society5.0に求められる共通の三つの力として、▽文章や情報を正確に読み解き対話する力▽科学的に思考・吟味し活用する力▽価値を見つけ生み出す感性と力(好奇心・探究力)――を位置付け、読解力や社会的スキル、情報活用能力の育成がこれまで以上に重要になるとした。