罹患率1位のがんは白血病 0~19歳、がん研の集計

0歳~39歳までの年齢階級別罹患率

罹患(りかん)率が最も高いがんは19歳までは白血病――。国立がん研究センターは5月30日、0~39歳のがん罹患率を公表した。小児からAYA世代と呼ばれる思春期・若年成人のがん罹患率を全国規模で集計したデータはこれまでなかった。

2009~11年の間に厚労省の「地域がん登録」に参加した都道府県のうち、基準を満たした27府県のデータを活用して集計した。

人口10万人当たりのがん罹患率は、▽0~14歳 12.3▽15~19歳 14.2▽20代 31.1▽30代 91.1――だった。これらの罹患率を日本の人口に当てはめると、1年間にがんと診断される症例数は、▽0~14歳 2100例▽15~19歳 900例▽20代 4200例▽30代 1万6300例――と推計される。

罹患率が高いがんの種類を多い順に全がんに占める割合で示すと、0歳~14歳は①白血病 38%②脳腫瘍 16%▽リンパ腫 9%④胚細胞腫瘍・性腺腫瘍 8%▽神経芽腫 7%――だった。15~19歳は①白血病 24%②胚細胞腫瘍・性腺腫瘍 17%③リンパ腫 13%④脳腫瘍 10%⑤骨腫瘍 9%――で、20代は①胚細胞腫瘍・性腺腫瘍 16%②甲状腺がん 12%③白血病 11%④リンパ腫 10%⑤子宮頸がん 9%――。30代では①女性乳がん 22%②子宮頸がん 13%③胚細胞腫瘍・性腺腫瘍 8%④甲状腺がん 8%⑤大腸がん 8%――で、年齢が上がるにつれて女性の方が男性より罹患率が高くなる傾向があった。