指針改訂へ、小中施設整備 文科省の部会が初会合

文科省の「学校施設の在り方に関する調査研究協力者会議」の下に設置された「小中学校施設部会」の初会合が6月6日に開かれ、新学習指導要領や社会の変化に対応した小中学校施設整備指針の改訂案づくりを進めることになった。これを受け、文科省は今年度中に指針の改訂を行う考えだ。

指針の改訂に当たっては、地域施設との複合化をはじめ、ICT環境の整備や防災施設機能の強化など、学校施設に求められる役割が多様化していることが課題に挙げられる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。