芸術教科を文化庁に移管 改正文科省設置法が成立

京都市に移転する文化庁の機能強化を図るため、音楽や美術などの芸術教科に関する業務を文科省から移管する改正文科省設置法が6月8日、参議院で可決成立した。今年10月1日から施行され、同庁が文化行政の中核として、文化施策を総合的に推進する体制を整備する。

同庁の任務として、新たに文化に関する施策の総合的な推進を位置付け、企画立案や関係行政機関との調整を追記する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。