「AIを職場の仲間と考えて」 未来への風PJがシンポ

学校事務職員をはじめとする学校関係者らで作る「未来への風プロジェクト」は6月9日、「AI技術との共存・発展の未来 奪われる仕事ではなく、創発する仕事へ」をテーマに、都内でシンポジウムを開催した。全国から約80人が参加し、AI技術と学校現場の未来について話し合った。

トークセッションでは、横浜市立日枝小学校の住田昌治校長、埼玉県戸田市教委の戸ヶ崎勤教育長、㈱ZOASの浅野竜一代表取締役、横浜国立大学先端科学高等研究院特任教員の藤田彬氏がゲストスピーカーとして登壇した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。