英語民間試験の加点は2割以上 国立大学協会が例示

国立大学協会は6月12日、大学入学共通テストにおける英語の民間資格・検定試験の英語全体の配点の比重について、加点方式とする場合は「2割以上」とする参考例を示した。同日に都内で開いた第1回通常総会で承認。出願資格とする場合はCEFR(セファール)のA2レベル以上とした。あくまで参考例であり、大学や学部によっては独自基準を設ける可能性がある。

英語の民間資格・検定試験の結果を、共通テストの英語の成績に加点する場合は、英語4技能の学習にインセンティブを与える観点から、適切な比重として英語全体の「例えば2割以上」とする。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。