学校の教員採用の自由度が成績に影響 OECD調査が示唆

教員採用の自由度を高めると、貧困や恵まれない地域の教員不足を解消できる――。OECDは6月11日、PISA(生徒の学習到達度調査)に関する新報告書「有効な教員政策―PISAからの知見―」を公表した。2006年と15年にPISAに参加した国を分析すると、学校に教員採用の権限をどの程度与えるかが、生徒の成績に影響している可能性が示唆された。

報告書は、OECDが実施している▽教育システム指標(INES)プログラム▽教授学習国際調査(TALIS)▽国際学生評価プログラム(PISA)――で得られたデータを基に、▽各国の教員採用、職能開発、評価、給与体系▽教員の選別が教育の公平性に与える影響▽有能な人材の確保による質の維持――について調査した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。