18歳から成人、改正民法成立 クレジットの決済が可能

成人年齢を18歳に引き下げる改正民法が6月13日、参議院で可決、成立した。2022年4月1日から施行される。女性の結婚できる年齢が16歳から18歳に引き上げられ、男女共に18歳となる。18歳からクレジットカードによる決済が可能になるなど高校生の生活にも影響を与えるため、消費者教育の重要性が高校で高まるのは必至。

契約に関しては、ローン契約やクレジットカードの作成は18歳でも可能になる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。